法事・法要/葬儀相談サポート(日本全国対応)

葬儀相談サポート

葬儀のお見積りやご相談、
死亡に関する手続きのご相談は
050-7301-5031
  • 対応時間 9:00 ~ 18:00
  • 24時間電話対応受付
コールセンターがお近くの葬儀社を無料でご案内します。

葬儀の全てをトータルサポート全国1000専門家の相談窓口をネットワークする日本法規情報が
葬儀社、弁護士、税理士、司法書士、FPと連携し、
葬儀・行政・相続・税金・保険など葬儀のすべてを一括でサポートします。
諸手続きのご相談は無料!当社だからこそできる総合支援です。

法事・法要

人が亡くなれば葬儀が執り行われ、その後、仏となった故人を供養するために、初七日、四十九日と法事が営まれるのが一般的です。法事は、身内と故人の親しかった方を招き、住職にお経をあげてもらった後に、食事を摂り、返礼の品を渡します。それに対し、法要は法事の中で行う、住職にお経をあげてもらうことをさします。法要のことを追善供養ともいい、故人を偲び、冥福を祈るために行うものです。同時に、故人のおかげで自分が存在していることをあらためて感謝する機会でもあるのです。法要を営む日は、亡くなってから七日目の「初七日」、「四十九日法要」、1年後の「一周忌」、「三回忌」と年忌法要が続いていきます。こうして法要を営んでいくことで、仏からご先祖さまになり、三十三回忌、または五十回忌を弔い上げとして、法事が終了となります。法事・法要の服装は、喪服を三回忌までは着るのが一般的になっています。招かれた人は、黒目の服であれば、喪服でなくても構いません。

全国の「トータルサポート葬儀社」をご紹介

法事・法要|葬儀相談サポート(日本全国対応)